動物介護士 資格

ペット高齢化に対応!動物介護士資格

動物介護士 資格 費用

 

ペットブームに合わせて社会問題となりつつあるペットの長寿化。愛犬・愛猫が長生きしてくれるのはとても喜ばしいことですが、避けて通れないのが高齢化したペットの介護問題でしょう。

 

  • 食餌や排泄ができなくなる
  • 自分で寝返りがうてなくなる
  • 無駄吠え・問題行動が増える

 

動物介護士は、そんなペット高齢化問題に対処するスペシャリスト。仕事のためだけでなく愛犬・愛猫のために勉強する飼い主さんも多い資格です。

 

動物介護士の資格を取るには?

動物介護士 資格 取るには

動物介護に関する資格は1つではありません。『動物介護士』のほか『老犬介護士』や『小動物介護士』など、似たような意味合いで名前が違う資格がいくつか存在します。

 

動物関係の資格は『獣医師』を除きすべて民間資格なので、資格の認定団体ごとに様々な名前が付けられていることがその理由です。

 

そのため動物介護士になるための資格を取るには、

 

  1. 各認定団体が指定するカリキュラムを修了すること
  2. 各認定団体が主催する認定試験に合格すること

 

という2つの過程を経る必要があります。

 

動物介護に関する資格の種類

動物介護士

認定団体:日本能力開発推進協会(JADP)

老犬・老猫介護の専門家。食餌・運動・病気・ケガ・排泄・健康管理など、あらゆる知識と介護方法を習得します。ペット高齢化で注目の資格。

 

資格の詳細はこちら(当ページ下部)>>

 

小動物介護士

認定団体:日本ペット技能検定協会

高齢化した小動物(犬や猫)の介護方法、食餌やトイレの介助、ペットロスとの向き合い方などの知識を証明する資格です。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

老犬介護士

認定団体:日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)

老犬の健康管理や病気・ケガの応急処置はもちろん、老化を迎える前の準備やペットロスなどについて幅広く学びます。老犬ホームや動物介護施設で活かせる資格です。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

ペット介護士

認定団体:世界の名犬牧場

犬・猫を中心としたペットの介護やしつけ、ケガや病気の知識を証明する資格です。老犬・老猫だけでなく成犬・成猫の介護についても学びます。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

ドッグヘルパー

認定団体:日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)

投薬や応急処置、デンタルケアや健康チェック、しつけのポイントについて学びます。ペット業界全般で活かせるほか、自宅のペットの健康管理にも役立つ資格です。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

動物介護ホーム施設責任者

認定団体:日本能力開発推進協会(JADP)

動物介護施設を開設・運営に必要な設備や管理方法などの知識があることを証明する専門的な資格。老犬・老猫ホームの開設を目指すなら。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

愛玩動物飼養管理士

認定団体:日本愛玩動物協会

犬・猫・うさぎ・小鳥など様々な動物の生態や飼い方について学びます。動物を扱う事業で開業する際に選任しなければならない『動物取扱責任者』の要件を満たせる資格です。

 

資格の詳細ページはこちら>>

 

動物介護士の資格の費用は?

動物介護士 資格 費用 学費

 

動物介護士の資格取得までにかかる費用の内訳は、

 

  1. 認定講座の受講料
  2. 資格試験の受験料
  3. 資格認定交付料

 

の3つが中心。

 

Aの受験料は講座によって代金に含まれていることもありますが、おおよそ3000〜6000円程度。Bの資格認定交付料(資格取得を証明するための書類)は10000〜12000円程度が相場です。

 

大きな違いが出るのは@認定講座の受講料でしょう。カリキュラムの期間や教材の充実度によって学費が変わるので、資格は予算に合わせて選ぶのもポイントです。

 

各認定講座の受講費用

 

下の表は資格ごとの認定通信講座・受講費用をまとめたものの一例です。

 

動物介護士

費用:49,680円
キャリアカレッジジャパン・動物介護士&介護ホーム施設責任者W資格取得講座

小動物介護士

費用:87,000円
ヒューマンアカデミーのたのまな・動物介護士講座

老犬介護士

費用:80,000円
日本ケンネルカレッジ・老犬介護士講座

ドッグヘルパー

費用:48,600円
日本ケンネルカレッジ・ドッグヘルパー講座

ペット介護士

費用:39,900円
がくぶん・ペット介護士講座

 

同じ動物介護に関する資格を学ぶカリキュラムでも費用が大きく違うのがわかります。

 

学費が安くて良い講座の見付け方

動物介護士 資格 安い

 

講座の費用は主に資格の種類やカリキュラム期間、テキスト・映像授業の充実度で差が出るようです。そのため講座選びは

 

  • どれくらい費用がかかるのか?
  • どんなことを勉強するのか?
  • どんな教材を使うのか?
  • どんな資格を取れるのか?

 

という情報を事前にチェックしておくのがポイント!安さに飛びついて申し込んだら失敗した…という事態に陥らないよう慎重に選びましょう。

 

情報収集なら『資料請求』が確実

 

これらの情報はネットから集めるのが一般的ですが、1つ1つの講座をいちいち調べるのは大変。またネットで調べるだけでは違いがわからない部分も多いでしょう。

 

そこで、さらに詳しく調べたいときは講座の資料請求をお勧めします。

 

  • HPに載っていない細かい情報を得られる
  • 申込〜受講終了までの流れを把握できる
  • 資料請求だけなら『無料』でできる

 

1つずつ資料請求をするのが面倒な場合は、一括で全部の講座の資料請求できるサイトもあります。

 

おすすめの資料請求サイト

 

画像のサイト『Brush UP学び』は全国から受講できる通信講座・通学講座の資料請求をすることができます。

 

資料請求は無料
個別でなく一括請求
会員登録不要

 

など煩わしさもなく手軽さが魅力です。CMやネットの情報だけではわからない点も、資料請求することで詳細に確認できるでしょう。もちろん何個資料請求しても無料なので、なるべく多くの材料を手元に集めておきましょう!

 

▼動物介護士の資格講座▼

動物介護士 資格 費用 ボタン1

 

勉強法別にみる!動物介護士資格の費用

動物介護士 資格 費用 勉強法

 

勉強法別にかかる費用を安い順に並べると、以下のようになります。

 

独学

〈費用目安〉

約1万円

〈費用の内訳〉
@テキスト代 約3000円
A用具代 約7000円

など

通信講座

〈費用目安〉

5〜10万円

〈費用の内訳〉
@テキスト代
A映像DVD代
B資料代

など(総額制)

スクール通学

〈費用目安〉

100万円前後

〈費用の内訳〉
@入学金
A授業料
B教材一式
C交通費

など(総額制)

 

動物介護士を独学で学ぶ場合

独学は最も費用が掛からず、勉強時間も自由で手軽さはNo.1でしょう。場所を選ばず自宅やカフェでも学習を進められます。

 

しかし認定講座を利用していないので資格を取得することができません。自宅の愛犬・愛猫のために学びたい人におすすめです。

 

独学についての詳細ページへ >>

動物介護士を通信で学ぶ場合

通信講座は比較的安い費用で資格を取得することができます。勉強時間も自由で、カリキュラム期間も長くて半年ほど。

 

ほとんどの資格は取得してしまえば更新手続きが無いので、動物介護の専門知識を身につけたい人や仕事に活かしたい人におすすめです。

 

通信講座についての詳細ページへ >>

動物介護士を学校で学ぶ場合

専門学校へ進学して、専門の講師から学びます。実際の動物を相手に授業が進むので経験が身につき、実力アップにはもってこいでしょう。

 

ただし費用が100万円を超え、カリキュラム期間が2年程度と長め。本気でペット業界で活躍したい人にこそおすすめです。

 

専門学校についての詳細ページへ >>

 

資格取得が目的なら『通信講座』

動物介護士 資格 費用 通信講座

 

安い費用で動物介護士の資格を取るなら通信講座が断然おすすめ。スクール通学よりも費用が安く済み、独学より確かな知識を得られます。なにより半年以下の短期間で資格を取得できます。

 

通信講座のメリットはそれだけではありません。カリキュラムを修了すると資格の認定試験を受験できるようになりますが、認定団体推薦の講座なら在宅受験できます。テキストを見ながら受験できるので合格率が非常に高いのです。

 

通信講座というと教科書が送られてきて終わり…というイメージも根強いですが、現在の講座は教材も充実しています。特に

 

  • カラーイラスト・写真を多用したテキスト
  • 実技の様子を交えたDVD講義
  • 犬種や動物の体のしくみの資料本

 

はどの講座でも力を入れているので満足できる内容でしょう。実際に専門学校で使われている教材で学べる講座もあるので、各講座を見比べてみてくださいね。

 

通信講座で学ぶ内容

動物介護士の通信講座は具体的にどのようなことを学ぶのでしょうか?キャリアカレッジジャパンの『動物介護士&介護ホーム施設責任者W資格取得講座』のカリキュラムを例にご紹介します。

 

動物介護士 資格 キャリアカレッジジャパンの詳細

※出典:http://www.c-c-j.com/course/products/pet/petkaigo/price.html

1ヶ月目:シニア期の基礎知識

老化のサイン、動物と人間の年齢比較、からだ・性格の変化、シニア期からの食事、シニア食・簡単レシピ、運動・住環境など

2ヶ月目:シニア期の介護マニュアル

介護の心得、食事・排泄・床ずれの介護、ブラッシング、デンタルケア、認知症のサイン、困った行動の対処法など

3ヶ月目:シニアペットの病気とは

病気について、犬・猫のかかりやすい病気、薬の飲ませ方、動物病院、ペットの葬儀・霊園について、ペットロス症候群についてなど

4ヶ月目:開業ノウハウ

動物介護の市場と今後の見通し、働く人に求められるもの、開業までの流れ、必要な設備・道具、ペットロスの対策、病気・死亡の対策など

 

※出典:http://www.c-c-j.com/course/products/pet/petkaigo/curriculum.html

 

それぞれの章はテキストごとに分かれ、まとまった内容で学習できます。教材はテキストのほかに、スマホやPCで閲覧できるWEB動画が視聴できます。1ヶ月に1冊ずつテキストを進め、終わったら都度添削課題にチャレンジ。

 

全てのカリキュラムと添削課題を終えると、『動物介護士』『動物介護ホーム施設責任者』を在宅受験できます。順調にいけば4ヶ月間で2つの資格を取得することが可能です。

 

▼動物介護士の資格講座▼

動物介護士 資格 費用 ボタン2

 

動物介護士はどんな仕事をするの?

動物介護士資格 仕事

 

動物介護士の仕事は、年を取ったり体が不自由になってしまったペットの介護や健康管理。直接的な医療行為をする動物看護士とは違い、日常のお世話に関することが中心です。

 

  • 食事メニューや時間の管理
  • 排泄の介助やオムツ交換
  • 運動やリハビリの補助
  • 訪問介護サービス
  • 飼い主へのアドバイス

 

さらに介護の知識を活かして一般のペット事業で活躍している人もいます。例えばペットホテルやドッグカフェのような不特定多数の動物が訪れる場所では介護を必要とするペットもいるため、動物介護士の需要は高まっています。

 

動物介護士の仕事の詳細ページへ >>

 

動物介護士が活躍する就職先

 

動物介護士が最も活躍できるのは

 

  • 動物介護施設
  • 老犬ホーム・老猫ホーム
  • 動物病院

 

と言われています。高齢化したペットが集まる場所からの求人が多く、資格取得者や実務経験者は優遇される傾向があるようです。

 

動物病院の場合は獣医師のサポート役に回ったり、入院している動物たちのお世話をします。こちらは動物看護師の求人が多いですが、介護・看護両方の知識を学んで活躍するスタッフもいます。

 

就職するのに動物介護士の資格は必要?

 

動物介護に関する資格は国家資格ではないので、基本的に資格が無くても求人に応募・合格すれば就職することはできます。しかし求人段階で有資格者が優遇されることは多いようです。資格はアピールポイントにもなるので、持っておいて損はないでしょう。

 

動物介護士の就職先の詳細ページへ >>

 

ますます需要が高まる動物介護士

動物介護士 資格 需要

 

ペットの長寿化は今現在も進んでいます。一般社団法人ペットフード協会が実施した『全国犬猫飼育実態調査』では、ペットの平均寿命の伸びに関する統計が紹介されています。

 

年度

犬の平均寿命

猫の平均寿命

平成22年

13.9歳

14.4歳

平成28年

14.36歳

15.04歳

 

このようにわずか6年の間で犬で0.46歳、猫で0.64歳も寿命が延びているのです。ちなみに約30年前には犬の平均寿命は7.5歳と言われていますから、30年の間に倍になったことになります。

 

もちろん長生きしてくれるのは喜ばしいことなのですが、『健康寿命が伸びている』とは限りません。長生きするということは、それだけ介護が必要になるということも意味します。

 

さらに飼い主の世代も問題です。高齢化したペットの飼い主の多くは50〜60代以上の高齢世代のため、なかなかペットの介護にまで手が回らないのが現状。『ペット高齢化が社会問題』と言われるのは、このような背景があるのです。

 

増える老犬・老猫ホーム

動物介護士 資格 老犬・老猫ホーム

先述の一般社団法人ペットフード協会が実施した別のアンケートでは、『あったらいいと思う飼育サービス』として

 

  • 旅行中や外出中の世話代行サービス
  • 高齢で飼育不可能な場合の受入施設提供サービス
  • 飼育が不可能な場合の引き取り手斡旋サービス

 

が上位に挙げられています。

 

こうした背景を受け、全国で数が増えているのが老犬・老猫ホームです。人もペットも高齢化が進む中、飼育を継続できない飼い主さんがペットの受け入れ先を求めているのです。

 

ペットフードや動物病院の質が高まっている現在、平均寿命はさらに伸びるといわれています。全国での犬・猫の飼育頭数はそれぞれ1000万頭に迫る勢いで増えていることからも、動物介護士の役割は今後ますます重要なものとなるでしょう。

 

資格を取って動物介護士を目指すなら

動物介護士 資格 取るなら

 

動物介護のスキルは、これからペット業界を目指す人にとっては必須のものとなっていくでしょう。もちろん知識として頭に入れておくのも大切ですが、その知識とスキルを証明するものが資格です。

 

就職先を探すときはもちろん、飼い主さんにアドバイスするときや訪問介護で信頼関係を築くとき資格は非常に役立ちます。無資格の人が話すことより有資格者の話の方が説得力がありますよね。

 

動物介護の資格は実に様々なものがあります。あなたにとって必要な知識は何でしょうか?

 

  • 介護用品の使い方?
  • ケガや病気の応急処置?
  • しつけの方法?

 

…目指す資格によって、講座で学べる内容は違います。まずは自分に合った講座はどれなのか?情報を集めて比較してみましょう。

 

詳しいカリキュラムの内容については、資料を取り寄せて実際に確認してみましょう。それぞれの講座の特徴や費用を比較して、自分に合った通信講座を選んで下さいね。

 

講座の資料請求なら

動物介護士 資格 費用 ボタン3