愛玩動物飼養管理士2級 資格

愛玩動物飼養管理士の資格

愛玩動物飼養管理士 資格

愛玩動物飼養管理士とは、ペットの習性や飼い方、動物に関する法令や動物愛護の精神に関するスペシャリスト。37年以上の実績を持つ、日本では最も歴史あるペットの民間資格です。

 

この愛玩動物飼養管理士の資格は『公益社団法人日本愛玩動物協会』が主催で、動物取扱責任者になるための要件を満たせる資格です。そのため動物介護に限らず、ペット業界を志す人には必携の資格と言えるでしょう。

 

▼愛玩動物飼養管理士を目指すなら▼

愛玩動物飼養管理士 資格 通信 ボタン1

 

資格を取って愛玩動物飼養管理士になるには?

愛玩動物飼養管理士 資格 なるには

愛玩動物飼養管理士の資格を取るには、『公益社団法人日本愛玩動物協会』が実施するカリキュラムを受講して認定試験に合格する必要があります。

 

受講〜資格取得までの流れ
  1. 講座の資料請求
  2. 申込書の提出・受講受験料の支払い
  3. ※春期申込:2月1日〜4月末
    ※夏季申込:6月14日〜8月末

  4. 教材の送付(自宅学習)
  5. スクーリングの受講
  6. 課題報告問題の解答・提出
  7. 認定試験

 

愛玩動物飼養管理士は専門学校だけでなく通信講座でも学ぶことができますが、スクーリング(通学講義)1日の受講が必修になっています。

 

春期スクーリング会場(2級)

札幌市、青森市、秋田市、盛岡市、仙台市、郡山市、つくば市、宇都宮市、前橋市、さいたま市、千葉市、東京23区内、横浜市、新潟市、金沢市、長野市、岐阜市、静岡市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、岡山市、広島市、松江市、高松市、高知市、福岡市、長崎市、熊本市、宮崎市、鹿児島市、那覇市

 

夏期スクーリング会場(2級)

東京23区内、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、福岡県福岡市

※年度により異なる場合があります

資格取得のために学ぶこと

愛玩動物飼養管理士が取り扱う動物は犬や猫だけではありません。ウサギやハムスターなどの小動物、インコなどの鳥類、カメやトカゲといった爬虫類にまで及びます。

 

学ぶ内容としては、愛玩動物飼養管理士2級の場合

 

  • 動物愛護論
  • 人と動物の関係学
  • 動物関係法令
  • 動物の飼養管理
  • 動物のしつけ

 

を学びます。さらに上位資格である1級なら動物行動学、動物栄養学、遺伝・繁殖生理、疾病と予防、公衆衛生学など専門知識を深めていきます。

 

愛玩動物飼養管理士の資格試験

愛玩動物飼養管理士 試験 難易度 合格率

一連のカリキュラムと課題報告問題の提出を終えると、いよいよ認定試験に進みます。試験はマークシートによる筆記試験で、実技試験はありません。18歳以上の人ならだれでも申込できます。

 

春期申込の2級認定試験

試験日

11月第4日曜日

試験会場

(予定)

札幌市、青森市、盛岡市、仙台市、秋田市、福島市または郡山市、つくば市、宇都宮市、前橋市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、新潟市、富山市、金沢市、長野市、岐阜市、静岡市、名古屋市、京都市、大阪市または近隣市、神戸市、松江市、岡山市、広島市、高松市、松山市、高知市、福岡市、長崎市、熊本市、宮崎市、鹿児島市、那覇市

試験時間

75分

 

夏季申込の2級認定試験

試験日

2月第4日曜日

試験会場

(予定)

札幌市、盛岡市、仙台市、前橋市、東京23区内、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市

試験時間

75分

 

合否通知は受験日の約1ヶ月後に送付されます。合格者には合否通知とともに認定登録料の払い込み用紙が送られます。

 

  • 2級:5,000円
  • 1級:20,000円

 

認定登録料の支払いを済ませ、認定登録が完了すると『愛玩動物飼養管理士名簿』に登録されます。手続きから約1ヶ月後に資格認定証と資格表示バッジが送付されます。更新などの手続きは特にありません。

 

認定試験は、カリキュラム受講中に『課題報告問題』を指定期間内に提出していることが必須です。課題を提出しないと認定試験を受験できません。課題報告の点数が悪くても合否に直接は関係しないので、必ず提出しましょう。

 

愛玩動物飼養管理士の難易度や合格率は?

愛玩動物飼養管理士の合格率は、例年およそ80%前後です。カリキュラムに従いキチンと学べば8割の人が合格いることから、難易度は高くありません。

 

平成28年度2級合格率データ

受験資格者数

6,568人

受験者数

6,138人

合格者数

4,999人

合格率

81.4%

※参考url:https://www.jpc.or.jp/archives/2172/

 

愛玩動物飼養管理士は、仮に不合格になっても再チャレンジできます。

 

  • 試験のみもう一度受けなおす『再受験』
  • 教育課程をもう一度勉強する『再受講受験』

 

という制度もありますので、安心して受験してくださいね。

 

愛玩動物飼養管理士の仕事場や就職先

愛玩動物飼養管理士 資格 動物取扱責任者

犬や猫に限らず、動物全般の管理・飼育知識を持つ愛玩動物飼養管理士。その活躍の場はペット業界全般に広がります。

 

  • ペットショップ
  • ペットシッター
  • トリマー
  • 動物病院
  • 動物介護施設
  • ペット用品メーカー
  • ホームセンター
  • ドラッグストア

 

資格取得で『動物取扱責任者』へ

ペットを扱う施設では、事業所ごとに動物取扱責任者を1名以上配置することが義務付けられています。動物取扱責任者になるには条件があり、

 

  1. 半年以上の実務経験があること
  2. 所定の学校を卒業していること
  3. 所定の資格などを取得していること

 

のどれか1つを満たしている必要があります。愛玩動物飼養管理士は、この中の『3.所定の資格などを取得していること』に当てはまるものとして認められています。

 

資格取得者は各都道府県や政令市に登録手続きを経て、動物取扱責任者となることができます。愛玩動物飼養管理士は、動物系資格の中でも特に役立つものとして需要が高い資格と言えます。

 

 

愛玩動物飼養管理士資格を取得できる通信講座

愛玩動物飼養管理士 資格 通信講座

通信講座で愛玩動物飼養管理士を目指せる講座には、『公益社団法人日本愛玩動物協会』の愛玩動物飼養管理士2級講座があります。

 

通信講座の教材内容
  • 愛玩動物飼養管理士教本1・2巻
  • 愛玩動物飼養管理士スクーリング(講習会)資料
  • 愛玩動物飼養管理士課題報告問題(実力判定表と回答集つき)
  • DVD3枚セット

 

カリキュラムの標準期間は約8ヶ月間で、費用は税込みで30,000円です。

 

講座のカリキュラムの流れ

普段の学習

勉強は教本(テキスト)とDVDを中心に進めます。教本だけでは理解しにくい部分も、DVDの映像や音声で受講することで理解しやすい内容になっています。

 

スクーリング

教本の中でも特に重要なポイント中心に、実際に講義形式で解説を受けられます。全国主要都市で実施していますので、都合の良い会場・日程で選びましょう。(必ず1日は出席する必要があります)

 

課題報告問題

試験前のサポートとして模擬試験形式の課題報告問題を実施します。『実力判定表』がつくので、自分が間違えた部分や全体平均と比べてどれくらいの出来なのかを確認しながら学習できます。

 

▼愛玩動物飼養管理士を目指すなら▼

愛玩動物飼養管理士 資格 通信 ボタン2

 

>> 動物介護士 資格の費用は?  TOP

 

動物介護に関する資格の関連記事

動物介護士と動物看護士の違いは何?

よく似た名前で一見同じに見える動物看護士と動物介護士。しかし資格取得や受験までのルートは大きく違います!

 

動物看護師との違いの記事はこちら>>

 

小動物介護士の資格を取るには?難易度や勉強法

ペットブームで活躍の場が広がる小動物介護士・小動物看護士。資格はどうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

小動物介護士の記事はこちら>>

 

老犬介護士の資格を取るには?難易度や勉強方法

犬の高齢化に合わせて需要が増える老犬介護士。資格はどうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

老犬介護士の記事はこちら>>

 

ペット介護士の資格を取るには?難易度や勉強法

がくぶんが主催するペット介護士資格。勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

ペット介護士の記事はこちら>>

 

ドッグヘルパー資格を取るには?難易度や勉強法

体の不自由な犬の生活をサポートするドッグヘルパー。資格はどうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

ドッグヘルパーの記事はこちら>>

 

動物介護ホーム施設責任者資格の取得方法は?

動物介護施設運営の専門家であることを証明する資格・動物介護ホーム施設責任者。資格はどうやって取るの?勉強法は?概要をまとめました!

 

動物介護ホーム施設責任者の記事はこちら>>

 

ペット販売士の資格を取るには?難易度や勉強法

ペットショップや愛犬飼育の専門知識を学ぶペット販売士の資格。どうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

ペット販売士の記事はこちら>>