ドッグヘルパー 資格

愛犬介護の資格・ドッグヘルパー

ドッグヘルパー 資格

ドッグヘルパー資格とは、動物介護の中でも愛犬の介護に特化した資格。取り扱うのは老犬に限らず、ケガや病気で介助が必要な愛犬です。

 

『老い』を迎える前の準備として知っておきたい内容やしつけ方法など、資格を通して健康維持に欠かせない知識が学べます。仕事というより、飼い主として愛犬のために学ぶ人が多い資格です。

 

動物介護士資格との違い

ドッグヘルパー

動物介護士

認定団体
一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)

認定団体
一般財団法人日本能力開発推進協会

扱う動物
若年〜老齢期の犬

扱う動物
シニア期の動物、老犬・老猫

受験資格
JCSA認定のカリキュラムを修了すること。年齢制限なし。

受験資格
日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関等が行う教育訓練のカリキュラムを修了。

学ぶ内容
老化の前にできること
健康管理と予防
応急処置
包帯
投薬
しつけ

など

学ぶ内容
シニア期の基礎知識
シニア期の介護に関する基礎知識
シニア期の病気の基礎知識

など

 

▼ドッグヘルパー資格を目指すなら▼

ドッグヘルパー資格 通信 ボタン1

 

ドッグヘルパーの資格のために学ぶこと

ドッグヘルパー 資格 勉強

いかに心を通わせた愛犬といえど、言葉を話すことはできません。そのため飼い主は愛犬のちょっとした変化を見逃さずに敏感にチェックする必要があります。

 

ドッグヘルパーの資格は、そんな愛犬の健康維持に関する専門知識を学びます。

 

ドッグヘルパー資格のために学ぶ内容

 

  • もしもの時の応急処置
  • 正しい投薬の方法
  • 老いを迎える前の準備
  • デンタルケア
  • 健康チェック
  • 包帯や止血の方法
  • 誤飲・誤食への対処法
  • しつけの必要性とポイント

など

 

学ぶ内容の多くは突然の事態への対処法や、愛犬にストレスを与えない介助の方法です。また愛犬との関係を築くうえで欠かせない『しつけ』についても知識を深めます。

 

ドッグヘルパーの求人や就職先は?

ドッグヘルパー 資格 求人 就職 給料

先述の通り、ドッグヘルパー資格は飼い主として愛犬のために学ぶ人が多い資格です。そのためか『ドッグヘルパー資格者』という枠での求人はほとんどないのが現状のようです。

 

ただ、学んだ知識を活かせる職場はたくさんあります。

 

  • 動物病院
  • 老犬ホーム
  • ペットショップ
  • ペットホテル

 

など、応急処置や看護、しつけについての知識は犬を扱う仕事で大いに役立つでしょう。

 

ドッグヘルパーの給料・収入は?

ペット業界の給料の多くは正社員で16〜18万円。ドッグヘルパーもその平均水準での雇用が多いようです。またアルバイトの場合は時給で900円前後。こちらは地域や業種によって異なります。

 

動物看護士などの有名資格に比べると知名度が低いためか、給料は低めなのが現状。しかし看護・介護に関する知識を持つ人がいない職場なら活躍が見込めます。

 

ドッグヘルパーに資格試験はある?

ドッグヘルパー 資格 合格率 難易度

ドッグヘルパーの資格を得るために、決まった日時に行われる試験はありません。しかしカリキュラムの中に添削課題試験があり、その課題をクリアすることでドッグヘルパーの資格を得られます。

 

受験資格は『一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)』のカリキュラムを受講し、修了していること。

 

カリキュラムから添削課題までは一連の流れになっているので、添削課題合格とともにカリキュラムも修了となります。年齢や性別による制限はありません。

 

ドッグヘルパー資格の難易度・合格率

ドッグヘルパー資格の課題試験は筆記で行われます。実技試験などはないので、難易度は易しめと言えそうです。またカリキュラム修了で課題試験の範囲は網羅されるので、合格率も高めです。

 

出題内容も医学的な問題というよりは『愛犬に日常に起こりうる不調への対処法』が中心。そのため動物看護師などの専門資格に比べると難易度は低く、合格率の点では心配はないでしょう。

 

ドッグヘルパーを目指せる通信講座は?

ドッグヘルパー資格 通信講座 日本ケンネルカレッジ

出典:j-kc.co.jp/course/dgcare_helper.html

 

ドッグヘルパー資格を得るための通信講座には、『日本ケンネルカレッジ』のドッグヘルパー講座があります。

 

一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)認定で、カリキュラム修了・課題試験合格とともに『ドッグヘルパー・プライマリーライセンス』が得られます。

 

費用はキャンペーン価格の場合、一括支払いで48600円。動物介護に関する資格の多くは8〜13万円程度なので、料金が非常にリーズナブルなのも特徴です。

 

日本ケンネルカレッジとは?

通学性専門学校『つくば国際ペット専門学校』が運営母体の通信講座。現場ならではの知識とノウハウを持ち、ペット関連の資格の教育機関として多くの実績があります。

 

通信講座というと独学と同じになりがちですが、日本ケンネルカレッジの講座は実際の専門学校で教壇に立つ先生が直接担当します。そのためきめ細かな指導を受けられ、質問にも的確に返答してもらえます。

 

通信講座のカリキュラム内容

 

ドッグヘルパー資格の通信講座は、以下のものが送付されます。

 

テキスト

ドッグヘルパー講座
ドッグトレーニングの基本

DVD

ドッグヘルパー講座

スターターキット

聴診器
体温計
カンシ

添削課題

2回分

特典

オリジナルDVD

 

カリキュラム期間はおよそ3ヶ月。愛犬と飼い主との関係や各種応急処置、健康管理、栄養管理、しつけなどをテキストとDVDを使い学習していきます。

 

DVD講義は現役の講師がやっている実際の授業と同等の内容。まるで専門学校に通っているように学習を進められるので、テキストだけでは飽きそうという人でも続けやすいですよ。

 

添削指導も非常にキメ細かく、『○・×』だけでなく現役講師が細かい補足や解説をしてくれます。ただ単に資格を取るだけでなく、キッチリ知識として身につけたい人にこそおすすめの講座と言えるでしょう。

 

▼ドッグヘルパー資格を目指すなら▼

ドッグヘルパー資格 通信 ボタン2

 

>> 動物介護士 資格の費用は?  TOP

 

動物介護に関する資格の関連記事

動物介護士と動物看護士の違いは何?

よく似た名前で一見同じに見える動物看護士と動物介護士。しかし資格取得や受験までのルートは大きく違います!

 

動物看護師との違いの記事はこちら>>

 

小動物介護士の資格を取るには?難易度や勉強法

ペットブームで活躍の場が広がる小動物介護士・小動物看護士。資格はどうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

小動物介護士の記事はこちら>>

 

老犬介護士の資格を取るには?難易度や勉強方法

犬の高齢化に合わせて需要が増える老犬介護士。資格はどうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

老犬介護士の記事はこちら>>

 

ペット介護士の資格を取るには?難易度や勉強法

がくぶんが主催するペット介護士資格。勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

ペット介護士の記事はこちら>>

 

動物介護ホーム施設責任者資格の取得方法は?

動物介護施設運営の専門家であることを証明する資格・動物介護ホーム施設責任者。資格はどうやって取るの?勉強法は?概要をまとめました!

 

動物介護ホーム施設責任者の記事はこちら>>

 

愛玩動物飼養管理士2級の資格の取得方法は?

日本愛玩動物協会が認定している愛玩動物飼養管理士2級。どうやって受験するの?勉強法や難易度は?資格の費用は?調べてまとめました!

 

愛玩動物飼養管理士の記事はこちら>>

 

ペット販売士の資格を取るには?難易度や勉強法

ペットショップや愛犬飼育の専門知識を学ぶペット販売士の資格。どうやって取るの?勉強法や難易度、受験する方法は?資格の概要をまとめました!

 

ペット販売士の記事はこちら>>