動物介護士 独学

動物介護士は独学で資格を取得できる?

動物介護士 独学 勉強

動物介護に関する資格は様々あります。表題の『動物介護士』のほか、『老犬介護士』『ペット介護士』『ドッグヘルパー』など…これらの資格を完全独学で取得することは可能でしょうか?

 

残念ながら、動物介護の資格は各認定団体が指定するカリキュラムや講座を受講しないと受験することができません。そのため講座を一切利用しない独学では、そもそも資格試験に臨めないのです。

 

とはいえ、仕事をするうえで必ずしも資格が必要なわけではありません。持っていればスキルの証明にはなりますが、資格が無くても独学で知識を蓄えることは無駄にはならないでしょう。

 

通信・通学・独学の比較
 

通信講座

スクール

独学

資格取得

×

費 用

5〜10万

100万円前後

1万円前後

期 間

4〜6ヶ月

24ヶ月前後

自分次第

実 技

DVD講義

実際の動物

ペットがいれば可

就職支援

あり

あり

無し

 

動物介護士を独学で勉強するメリット

動物介護士 独学 メリット

費用が安い

通信講座やスクール通学には数万〜数十万の受講料がかかりますが、独学ならテキスト代だけでOK。数千円程度で納められます。

自分の好きな時間に勉強できる

独学には決まったカリキュラムがないので、時間の使い方は完全に自由。あなたの好きな時間に勉強できます。

場所を選ばないので自宅勉強できる

学校に通う必要がないので自宅で全て済みます。自宅でペットを飼っていれば、学んだことを実際に試すこともできるでしょう。

 

動物介護士を独学で勉強するデメリット

動物介護士 独学 デメリット

資格を取得することができない

上記の通り、講座のカリキュラムを受講していないので資格試験に臨むことができません。いくら勉強しても、それを証明する『資格』を得ることができません。

人に聞けない

難しくて理解できない部分があっても、それを誰かに聞くことができません。そのため知識としては不十分なまま先に進んでしまいがち。

実務経験を積むことができない

自宅でペットを飼っていない場合、テキストの内容だけで学習を進めることになります。映像講義DVD等がないとイメージを掴みにくく、いざ現場に出た時に苦労します。

誘惑が多い

独学は学習計画を全部自分で決めることになるので『やる・やらない』も自分次第。忙しかったり気乗りしなかったり…と理由を付けてやらず仕舞いに終わることも。

そもそもテキストが少ない

動物介護に関する本はいくつかありますが、『テキスト』や『教本』という形でマニュアル化されたものは少ないです。書店で取り扱いがない場合もあります。

 

動物介護に関する独学本は?

動物介護士 独学

動物介護士に関する本はテキストや教本は少ないですが、実用的な知識や具体的な対処法をイラスト付きで載せている本は数多くあります。ご自宅のペットのために学びたいという人は参考にしてみてください。

 

愛犬の介護ガイドBOOK 楽しく長く一緒に暮らす

新品価格
¥1,512から
(2017/8/28 時点)

@愛犬の介護ガイドBOOK 楽しく長く一緒に暮らす
高齢になった愛犬の介護への向き合い方に関する本です。室内環境づくり、食事のケア、運動療法、排泄、入浴などが写真と文章で詳しく解説されています。

犬と猫の老齢介護エキスパートブック (as BOOKS)

新品価格
¥7,560から
(2017/8/28 時点)

A犬と猫の老齢介護エキスパートブック
プロの動物看護師や獣医師にも役立つ老齢介護の本。専門書レベルのノウハウが満載。病気や介護方法だけでなく、飼い主さんとの接し方についても解説しています。

犬の介護に役立つ本

新品価格
¥1,296から
(2017/8/28 時点)

B犬の介護に役立つ本
介護者である飼い主さんの気持ちにも寄り添った、犬の介護に役立つ本。ペットのワンちゃんの介護を学びたいけど講座を使うほどでも…という人はこちらがおすすめ。

 

動物介護士は資格が無いと就職できない?

動物介護士 独学 面接

2017年現在、動物介護士をはじめとしたペット関連の資格は『獣医師』を除き全て民間資格です。そのため資格が無いと絶対に働けないということはありません。無資格でも、独学で現場でスキルを磨いて成功を収めている例もあります。

 

無資格でも一部の動物病院や老犬・老猫ホームなどで求人が出ているので、そちらに応募して合格すれば働くことができます。

 

ただ自分が応募した先に、同時に有資格者が応募していると無資格だとどうしても見劣りします。

 

例えば自分が採用する立場だったとして、

 

 

「独学で○○について学んできました」


 

「○○という資格を持っています」


 

という二人が応募してきたらどちらを採用するでしょうか?多くの人は有資格者を選ぶのではないでしょうか。

 

『スキルの証明』で資格は役に立つ

動物介護士 独学 資格

現状では、多くの動物介護・看護施設の求人は

 

  • 有資格者
  • 実務経験者

 

を優遇する傾向があります。そのためあなたが実務経験のない初心者だと、独学だけでいくら知識を身につけても第三者から見れば「本当に知識があるの?」と疑問に思われることもあるでしょう。

 

自分の知識を高めたり、愛犬・愛猫の介護を知る意味では独学で学ぶ意義は大きいです。しかしそのスキルを武器に活躍するのが目的なのであれば、独学はかえって遠回りになることもあります。

 

そのため初心者・初学者ほど資格認定団体が開いている講座を利用するのがおすすめです。

 

受講修了で受験資格を得られる
在宅試験なので合格率が高い
カリキュラムの多くは3〜6ヶ月と短い

 

などメリットは多いです。

 

取得した資格は履歴書に書くことができ、多くの資格は更新手続きがありません。一度取得してしまえば一生ものなので、どうせ学ぶなら『証明』として資格を取得してみましょう!

 

カリキュラム修了で資格GET

動物介護士 独学 合格率 ボタン

 

>> 動物介護士 資格の費用は?  TOP

 

動物介護士の独学の関連記事

動物介護士 通信講座の比較一覧!おすすめは?

動物介護士の取得を目指す通信講座・通信教育を一覧にまとめました。あなたにピッタリのおすすめ講座がきっと見つかる!

 

通信講座の記事はこちら>>

 

動物介護士を学ぶ専門学校・スクールはどこ?

動物の介護・看護を学ぶ学校。どんな授業をするの?何年課程で学費はどれくらいかかる?一例を交えてご紹介します。

 

専門学校の記事はこちら>>