動物介護士 ダブルライセンス

動物介護士とのWライセンスでおすすめの資格は?

動物介護士 ダブルライセンス 資格

動物介護士が行うことは単に『介護』だけではありません。ペットは生き物ですから爪や体毛が伸びたり、病気になったりもします。健康管理もしなければなりません。1頭1頭性格も違いますし、しつけ方も様々です。

 

特に不特定多数の動物を扱うことが多い動物介護士ですが、

 

  • 知っておいたほうが良い知識
  • 身につけておきたいスキル

 

にはどんなものがあるでしょうか?

 

動物介護士の資格とともに一緒に持っておきたいWライセンスにおすすめの資格をご紹介しますので、あなたのスキルアップに役立ててくださいね。

 

動物介護士とWライセンス!
@トリマー

動物介護士 ダブルライセンス トリマー

ケガや病気、華麗で介護を必要としているペットたちも、生きている限り体毛が伸びます。動物介護士の仕事の中にもトリミングはありますが、より専門的な技術を身につけておくと安心でしょう。

 

トリマーは主に犬を相手にしていますので、老犬ホームやドッグカフェでは役立つ技術となるでしょう。犬種や大きさごとにトリミングの注意ポイントが違いますが、基本を押さえておけば大抵の犬種に対応できるようになります。

 

トリマーは動物系の専門学校のほか、通信講座でも受講可能です。トリミングだけでなくグルーミング(シャンプー・ブラッシング・爪切りなど)を学べる内容になっているので、トータルでペットのお世話の質を上げることができますよ。

 

動物介護士とWライセンス!
Aドッグトレーナー

動物介護士 ダブルライセンス ドッグトレーナー

ドッグトレーナーはペットとして飼われている犬のしつけや訓練をする専門家。飼い主から一時的に犬を預かって訓練をしたり、飼い主にしつけのやり方について指導やアドバイスを行います。

 

老犬の中には無駄吠えや威嚇、ものを噛む・壊すなど問題行動をしてしまう子もいます。人間と同じように歳をとると性格は変えにくいため、ドッグトレーナーのような専門家の力が必要です。

 

ドッグトレーナーは民間資格で、認定団体によって『ドッグトレーナーライセンス』『家庭犬トレーナー』『セラピードッグトレーナー』などがあります。通信講座で取得できるものもあります。

 

動物介護士とWライセンス!
B動物介護ホーム施設責任者

動物介護士 ダブルライセンス 動物介護ホーム施設責任者

動物介護ホーム施設責任者は、動物介護施設を開設・運営に必要な設備や管理方法などの知識があることを証明する専門的な資格です。

 

動物介護そのものよりも介護施設の運営や介護用品の使い方、調達先の探し方、食事や介助の計画、設備の運営がメインとなります。そのため将来的な独立を視野に入れた人向けと言えそうです。

 

近年急激に社会問題となっている『ペットの高齢化』にも対応できる資格なので、老犬・老猫ホームや動物の介護施設の開業を目指す人ならぜひとも身につけておきたい内容です。

 

動物介護士とWライセンス!
C愛玩動物飼養管理士

動物介護士 ダブルライセンス 愛玩動物飼養管理士

玩動物飼養管理士は37年以上の実績を持つ、日本で最も歴史あるペットの民間資格。ペットの習性や飼い方、動物に関する法令や動物愛護の精神に関する知識を持ちます。

 

ペットを扱う施設では、事業所ごとに動物取扱責任者を1名以上配置することが義務付けられています。動物取扱責任者になるには条件があり、

  • 半年以上の実務経験があること
  • 所定の学校を卒業していること
  • 所定の資格などを取得していること

のどれか1つを満たしている必要があります。愛玩動物飼養管理士は、この中の『3.所定の資格などを取得していること』に当てはまるものとして認められています。

 

こちらも将来的な独立開業を目指す人なら取得しておきたい資格。『動物介護ホーム施設責任者』がノウハウ的な資格だとすれば、『愛玩動物飼養管理士』は実務的な面で役立つ資格と言えそうです。

 

 

動物介護に関する資格満載

動物介護士 ダブルライセンス ボタン

 

>> 動物介護士 資格の費用は?  TOP

 

動物介護士資格についての関連記事

動物介護士の難易度・合格率は?資格試験の概要

動物介護士資格試験は簡単?難しい?難易度と合格率、試験の方式や合格点のラインをまとめました。

 

難易度・合格率の記事はこちら>>

 

動物介護士に受験資格は?初心者や高卒もOK?

動物介護士の資格試験に受験資格は必要?年齢制限や学歴、実務経験、初心者OKかを調べました。受験前に確認しましょう!

 

受験資格の記事はこちら>>