動物介護士 求人

動物介護士の求人状況は?

動物介護士 求人 就職

動物介護士の求人は、ペットの高齢化につれて徐々に需要が広まっている傾向にあります。数こそ多くはありませんが、クリニックに限らず様々な業種での募集があります。

 

動物介護士の主な就職先
  • 動物病院
  • 老犬ホーム
  • ペットショップ
  • ホームセンター
  • ペットシッター業
  • 動物サロン
  • ペットホテル
  • ドッグカフェ・猫カフェ

※募集は時期により変動します

 

意外な求人では近年増えている動物同伴のレストランや、ペット専門学校での企画・営業スタッフといった変わり種の募集も。

 

また『動物看護士』という枠に比べ『動物介護士』の募集は少なく感じますが、資格や実務経験、条件によっては募集に応募できるところもあります。

 

就職先探しに!動物介護士の求人サイト

 

動物介護士の求人はハローワークだけでなく、リクナビやマイナビといった転職サイトにも掲載されています。その中でも代表的なペット関係に強い求人サイトはこちら。

 

ペット求人ナビ

https://www.pet-jobs.com/

動物介護士 求人 ペット求人ナビ

職種・勤務地・勤務形態で絞込検索ができるペット関連の大型求人サイトです。様々な業界からの求人があります。

Pet JOB(ペットジョブ)

http://job.pet-c.net/

動物介護士 求人 ペットジョブ

エリア・職種・働きたい場所で探せるペット関連の求人サイト。お役立ちコラムも人気。

ペットのおしごと

http://pet-job.com/

動物介護士 求人 ペットのおしごと

全国の獣医師、トリマー、動物看護士、動物介護士などの募集をメインに扱っています。

ドッグカフェ.jp求人

http://job.dogcafe.jp/

動物介護士 求人 ドッグカフェ.jp

犬関係の転職・就職に強い求人サイト。トリミングサロンやペットホテル、ペットホテルなど多数。

FromAnavi(フロムエーナビ)

https://www.froma.com/

動物介護士 求人 フロムエー

ペット専門ではありませんが、動物関連のアルバイト・パート募集を掲載しています。

 

動物介護士に今後の需要はある?

動物介護士 求人 需要

求人状況を見ていると、動物介護士よりも動物看護士のほうが需要があります。これは動物病院の求人が多いことにも関係しますが、

 

  • 動物医療の専門知識がある
  • 万が一の場合の対応力がある

 

といった理由で動物『看護師』のほうが重宝される傾向があるようです。

 

では動物『介護士』の需要は少ないのか?というと、一概にそうとも言えません。なぜならペットの高齢化は深刻な社会問題になっているからです。

 

一般社団法人ペットフード協会が実施した全国犬猫飼育実態調査によると、ここ数年の間でもペットの寿命は延びています。

 

年度

犬の平均寿命

猫の平均寿命

平成22年

13.9歳

14.4歳

平成28年

14.36歳

(+0.46歳)

15.04歳

(+0.64歳)

 

表のようにわずか6年の間に約半年ほど寿命が延びているのです。しかしこれは元気に動き回れる『健康寿命』とは限りません。寿命が延びるほど介護が必要なペットが増えるとも受け取れます。

 

またペットの飼い主世代は、

 

  • 子育てがひと段落して子供が自分の手を離れた50〜60代の世代
  • 老後のパートナーとしてペットを迎え入れる高齢者世代

 

も多く存在します。『あったらいいと思う飼育サービス』でも『高齢で飼育不可能な場合の受入施設提供サービス』が28.3%と高い数字となっており、動物介護が今後1つのビジネスとして大きくなる可能性はあります。事実、全国的に老人ホームならぬ『老犬ホーム』も増えているほどです。

 

動物介護士は男性でも求人ある?

動物介護士 求人 男性

動物介護の現場では、獣医師以外は女性の看護師やペットシッターというイメージが強いと思います。では男性が動物介護士になったとして、求人や需要はあるのでしょうか?

 

現場で働く人の声を見てみると、

 

  • 動物の介護は体力が必要
  • 大型犬を押さえるには力がいる

 

といった体力的な理由で男性の動物介護士を求める声は多いようです。歩けない老犬を抱きかかえたり、姿勢を変えてあげたり、暴れるペットをたしなめたり…といったことは力のある男性が頼りになりますね。

 

ただ、男性が動物介護士を目指す場合に壁となるのが給料の問題。動物介護士の手取り給料は他の職業に比べて高いとは言えず、『家族を養うために稼ぐ』という目的だと良い条件は少ないようです。

 

また動物病院では比較的女性の採用が多く、男性の需要がある業種では

 

  • トリマー
  • ペットショップ
  • ホームセンター
  • ペットホテル

 

などが多いようです。好きなことを仕事にするのであれば、男性でも動物介護士を目指す価値はあります。諦めずに探せば、門戸を開いてくれる職場はありますよ。

 

講座の資料請求なら

動物介護士 求人 ボタン

 

>> 動物介護士 資格の費用は?  TOP

 

動物介護士のまめ知識の関連記事

動物介護士の仕事内容は?働く場所はどんな所?

ペットの介護ってどんなことするの?動物介護士の仕事内容を調べてみました(*^^)b動物介護士はいろんな職場で活躍してるんですよ!

 

仕事内容・職場の記事はこちら>>

 

動物介護士は独立可能?必要な資金や手続きは?

せっかく資格を取ったからには自分のお店や施設を開きたい!でも動物介護士ってどうやって独立するの?手続きやコネは必要?調べてみました。

 

独立や手続きの記事はこちら>>

 

動物介護士の給料・年収は?実際いくら貰える?

薄給激務といわれるペット業界。その中で動物介護士がもらえる給料はいくら?年収の高い仕事先・収入を高めるためのスキルアップ法を調べました。

 

給料・年収の記事はこちら>>

 

動物介護士のやりがいと苦労。向いている人は?

ペットと触れ合い手助けをする動物介護士、やりがいもありますが当然苦労や大変なことも…現場の声を集めてみて、どんな人が向いているか調べてみました。

 

やりがいと苦労の記事はこちら>>